気になる話題の倉庫

話題イロイロあります★彡 見に来てくださいね~!

毎日チェック☆注目情報



 ◆新着情報ナナメ読み!お得な情報は逃がさない ⇒⇒ ★新着トピックス一覧★
 ◆お得情報といえばまずコレでしょ? ⇒⇒ ★欲しいアイテムは送料無料で!★
 ◆毎日更新中☆特別企画&セール情報 ⇒⇒ ★激安目玉商品★
 ◆最後におまけ☆毎日チェック! ⇒ ★24時間日替わりプレゼント情報★

 ◆美容液、何使ってる? ⇒ 美肌へのこだわり■ノーベル賞受賞成分配合美容液■
 ◆FX成功してる? ⇒ 危ない!そのFX投資法は破滅に向かっている可能性が!
 ◆この情報、気になります ⇒ 台風が通るだけで100万円儲かる秘伝をGET!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

懲役6年 

とっておきの日に ⇒ 恋愛運アップにローズクォーツのパワーストーン


【気になる話題の倉庫】にようこそ!

流行りの話題・注目の情報を随時掲載して行きます。
今回の話題はこちらです!


仏壇返し爆発~苦しい状況を仏壇返しする
仏壇返し爆発爆裂水晶 25mm球 金属台座付
チャージ内容:
神紋
 ⇒ 詳細ページへ

2歳児放置死させた母に懲役6年判決 さいたま地裁って?
2歳児放置死させた母に懲役6年判決 さいたま地裁埼玉県三郷市で子供3人を放置し、二男(2)を死なせたなどとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた島村恵美被告(30)の判決公判が3日、さいたま地裁で開かれ、島村被告に懲役6年の判決が ...(続きを読む)

責任転嫁の風潮で良いの?
三郷市で子供3人を10日間置き去りにして2歳の二男を衰弱死させた母親が懲役6年の判決を受けましたが、長男は「ママからきちんと面倒をみろと言われたのに、僕がお菓子を食べさせなかった。本当に僕が全部悪い。ママは悪くない。 ...(続きを読む)

TBSが気になる。 10日食事させず2歳児を放置死 其の三
埼玉県三郷市の民家で3月、島村健太ちゃん(2)が放置され死亡した事件で、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた母親恵美被告(30)に対し、さいたま地裁(中谷雄二郎裁判長)は3日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。 ...(続きを読む)


面白い(?)ページ見つけました。 ⇒ 秘密結社……気になります。


2歳児放置し餓死、母親に懲役6年
TBS News
子どもが繰り返し出したSOSを無視しつづけた母親に対し、裁判所がくだした判決は懲役6年でした。 「被告人を懲役6年に処する」。その瞬間も母親は表情を変えず、裁判長を見つめていました。 3人の子どもをおよそ10日間も放置した島村恵美被告(30)。 ...(続きを読む)

男児放置死で母に懲役6年 さいたま地裁判決
47NEWS
埼玉県三郷市の民家で3月、島村健太ちゃん(2)が放置され死亡した事件で、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた母親恵美被告(30)に対し、さいたま地裁(中谷雄二郎裁判長)は3日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。 … [記事全文](続きを読む)


<福岡3児事故死>被告側も控訴「懲役7年6月重すぎ不当」って、加害者は何年の....
<福岡3児事故死>被告側も控訴「懲役7年6月重すぎ不当」って、加害者は何年の懲役だったら納得するってことなのでしょうか?7年の懲役ですら、短すぎると思いますが。一生、牢屋に入ってるのが無難なんじゃ?毎日新聞 2008年1月8日 より↓2008/01/08-13:27 業過致死傷で懲役7年6月=元市職員の危険運転認めず-3児死亡事故・福岡地裁 福岡市で2006年8月、飲酒運転で車に追突して海に転落させ、幼児3人を死亡、両親にけがをさせたとして、危険運転致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた元市職員今林大被告(23)の判決公判が8日、福岡地裁で開かれた。川口宰護裁判長は、業務上過失致死傷と道交法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)の罪を認定し、懲役7年6月(求刑懲役25年)を言い渡した。危険運転致死傷罪は成立しないとした。 川口裁判長は「被告は事故を起こすべくして起こした。ひき逃げの悪質性もかんがみると、厳しい非難は免れない」と述べた。併合罪の量刑の上限は懲役25年から同7年6月へ大幅に下がったが、判決はその上限を選択した。 公判では、危険運転致死傷罪が成立する事実として、被告は泥酔して正常な運転が困難な状態だったかが争われた。 川口裁判長は当時の状況について、被告が酒に酔った状態だったとしながら、警察官による事故時のアルコール測定で酒気帯びとした事実を踏まえ、高度な酩酊(めいてい)状態だったか疑問と指摘。追突事故まで居眠りや蛇行運転した形跡がなく、湾曲した道や狭い道でも接触事故を起こさなかったと認定した。 その上で、追突直前に衝突回避措置を取った点を挙げ、現実の道路や交通の状況に応じた運転操作をしていたとして、「正常な運転が困難な状態にはなかったことを強く推認させる事情」と断じ、危険運転致死傷罪の成立を否定した。(続きを読む)


プラダ(PRADA)バッグ通販

スポンサーサイト
( 2008/09/04 09:30 ) Category 注目話題! | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。